FC2ブログ

元保護犬サンちゃんとユノと預かりっ子のお話。。。

imageゆのさん10
             

さんちゃんが我が家にやって来て3年目の春

頑張るさんちゃんに神様からのご褒美が。。。
      フィラリア陰性


さんは、元保護犬です。
フィラリアの予防はされていなかったため、感染していました。

   
   弱陽性(寄生数が少ない)ことと年齢を考え
  →フィラリアへの積極的な治療(成虫駆除)は行わず、
   対症的治療を行う。投薬によりミクロフィラリア駆除をし、成虫の寿命(3~5年)を待つ
   ことにしました。


薬を飲んで、ミクロフィラリアは駆除できても、成虫のいる間は心臓や肺動脈に
寄生している為、血液の流れを妨げ、さまざまな症状が起こる場合もあります。

さんの場合、フィラリアが原因で
肺高血圧症になってしまっため不整脈があり今後も治療が必要ですが
毎日の投薬で今のところ元気に過ごせています。

先住犬のセッター、マリも実猟犬で予防されず2歳の時里子として、我が家(結婚前)にきました。
もちろんフィラリア陽性でした。
imageまり1

同じように、投薬で成虫の寿命を待ちました。4年程で陰性になりました。
幸いな事にマリは、他の症状をおこすことなく元気に過ごし虹の橋を渡りました。
imageまり


保護犬の中には、時に感染している子もいます。


キチンと治療さえすれば元気に過ごすことができます。
imageさん9

imageさん10

ですが、治療を怠ると命を落とすことになる事もあります。


都会だからと安心してはいけません。


5月フィラリア予防の始まる月です。


100%予防できるフィラリア症から大切な家族の笑顔を守もりましょう!!

imageゆのさん11









   
2012.04.25 / Top↑
        クリックしてください       
           ↓   ↓
     仁さん応援ポスター大作戦


2月13日にご連絡くださった方には、本日発送致しました。
メールアドレスをご連絡頂きました方には順次メールにてご返事させていただいております。


また、メールに画像添付をお申し出頂いた方にもお言葉に甘えまして
ポスター画像の添付にてお願いさせていただきました。


13日までにご連絡くださった方、数日中に届くと思いますので、しばらくして届かない場合は、ご連絡くださいね


まだ、ポスター&カード用意できますので、引き続き応援お願い致します。
メールにて画像添付も可能です。(印刷をお願いする形になってしまいますが・・)




2月14日 St. Valentine's Day、世界各地で男女の愛の誓いの日とされる。
もともと、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)
に由来する記念日。。

我が家では感謝と出会いの記念日

元保護犬さんが我が家にやって来た日

すべての命を助けれない現状で、さんとの糸を切らなかったスーザンさんに
さんの里親として心から感謝を。。。

さんを救う事で、救えなかった命があること。。

さんの命の中に、さんと同じようにコンクリートの壁の中で時を過ごし
誰の迎えもなく、家族とも出会えず、
虹の橋を渡っていった子たちが生きていること。。

忘れないための特別な日。。


今年も、この日をさんと家族と幸せに迎えることができる事に感謝を。。

約1ヶ月前に、大きな手術を乗り越え、
1度に左右の乳腺を摘出した為、皮がつり抜糸後も少し後ろの足が動かしにくいようでしたが

すっかりよくなり、広場でも元気に走る姿を見せてくれるようになりました。

さんは預かりっ子たちにも、とても暖かく接してくれます。
どの子も、さんに寄り添い、甘えます。
imageかんな
可愛いカンナも
imageジュニア
おっきなジュニアも
imageのあ
おてんば乃亜も
imageさん12
短期預かりとうまも
imageさん13
雪国のJJも
imageげんき
元気ハツラツ元気も
image幸太
遠回りした幸太も
imageしっぽ
かっこかわいいシッポ君も
imageさん6
はじめてのちびっこ犬ライトも
imageさん7
一泊2日のゆうかも
imageさん9
元気娘、葵も
imageさん10
クルクルお利巧さんのみみりんも
imageさん11
一人が好きな仁さんも

預かりっ子の癒し犬さんちゃん

ゆのちゃんちょっとヤキモチかな・・

ゆのが心を許す犬はさんちゃんだけですから。。
imageさん14



セッターやポインター・ワイマラナーなど

鳥猟犬?!って猟犬と分類されると怖いイメージが先行しちゃいますよね。。
でも獲物に喰らいつく仕事をしているわけではありません。

とても人に従順で、人にも犬にも優しい子が多いですよ。

野山で獲物を探し猟師(パートナー)に、教える仕事をするわけですから
鳥猟犬=怖いな、噛むんちゃうかというイメージはかなりの誤解かと思います。。

ただし、本能として鳥や猫には執着があります。執着の薄い子もいるようです。
でも本能を残しているそこがいいです。

先代のセッターやポインターも鳥さんが大好きで、池や川にダイブすることもしばしば。。。
そりゃ~~楽しそうで・・あとが大変ですが・・・

さんちゃんの鳥を見つけた時の姿、目 かっこよく何度見ても胸キュンです。(かなりの親バカです

imageさん2
鳥さんを見ると、さんも最初は固まった人形状態でしたが。。。
今は、道を歩いている時、呼びかけでハトさんをスルー(目線はガンミですけど)して
歩けるようになりました。

犬と共に勉強していくことで、信頼も深まり、
鳥猟犬本来の本能も残し、素晴らしい家庭犬になることも難しいことではないと思います。


関東など猟場が多い地方では、猟犬の使い捨てが多く
毎日のように施設に収容させれています。

大きな音が苦手な子(ガンシャイ)や呼び戻し訓練が出来ていないための迷子
獲物への執着の薄い子。。

実猟では、力が発揮できなくても、その方が家庭犬にキャリアチェンジしやすい
わけですから、猟犬失格=ダメな犬?ではない事もわかってほしいのです。。

うわ~~なんか長くなってしまった・・
途中でイヤになられたのでは・・


ガンドックに惚れこんどりますもので・・デヘへッ
ちなみにゆのもガンドックです・・・

あ~~あかん
ここらへんでおしまいにします。


愛しのガンドックさんちゃん・ゆのと
imageゆのさん2

いつまでもいつもまでも共に過ごせますように。。










... 続きを読む
2012.02.14 / Top↑
さんちゃん。。


先程、先生よりお電話いただき、麻酔から目が覚め
予定していた手術はすべて無事に終わりました。とご連絡といただきました。

寂しがりで甘えんぼさんちゃん、できるだけ早くお迎えに行きたい
という私の気持をくんでくださり、このまま経過が良好であれば
明日、朝帰れることになりました。

ブログにてコメント下さった皆さま
メールを下さった方。。

また一緒に無事を祈ってくださった方。。

心からありがとうをお伝えしたいです。


  ありがとうございました。。


昨夜は、眠れず。。

左にさんちゃん
右にゆの

あたたかい。。ほんとうにあたたかい

9時に、病院に連れて行き
先生と最終確認をし。。

どこ行くの?

と言う顔のさんに、頑張ってね、絶対お迎えにくるから。。

としか言えず。。


何度も何度も頭を下げ、先生にお願いし。。

車に乗ったものの。。


なかなか出発できず。。

チチさんからの携帯電話の着信履歴


聞きなれた声に何故か心が落ち着き


帰路につきました。。




無事に目覚めたさんちゃんの顔が今すぐ見たいですが。

会いに行くのは別れがかわいそうなので、

明日の朝まで我慢です。


さんちゃんの為に、ベットを洗い消毒
術後服を作り、帰りを待ちます。。

落ち着かないあたしにどうしたん?あそぼと誘ってくれるゆの。。

静かに側にいてくれる、仁さんにもありがとうを。。。






2012.01.16 / Top↑
2009年2月14日

徳島ハートから、我が家にやって来た子。。

さん(SUN)

鳥猟犬の繁殖。。使い捨て。。

フィラリア陽性、激痩せ

健康であるはずがない体



昨年より本格的に治療を開始


関西動物ハートセンターでの3ヶ月に一度のさんちゃんの心臓の検診。。


病名 肺高血圧症

心臓を中心に血液の流れには、酸素をたくさん含んだ血液を体中に運ぶ大循環と、肺から酸素を取り込むために肺に血液を運ぶ肺循環があって、心電図から、肺循環の機能に異常があることがわかるそうです。簡単に言うと酸欠状態。これが「肺高血圧症」。

不整脈
さんちゃんの場合、心拍が不定期になくなります。心臓がお休みしてしまうのです。。


毎日の投薬は欠かせません。。


なのに。。

また新たな病気と闘うことに。。


乳腺腫瘍


昨年発症。。心臓が落ち着くのを待った数ヶ月


麻酔により、心拍が低くなる為、さんちゃんのように心疾患のある子の場合は
かなりの危険がともないます。

おそらく循環器専門の先生以外は、断わられてしまう手術。。

麻酔により心臓が休んでしまう。。

心拍を保つ為の薬により出血がとまらないことも。。


でも、腫瘍は大きくなってきている

そのうち、筋肉や肺に転移し苦しむことになる

「チャンスは1度、勝算はある!
お母さんの元にかえすことができるよう最善の努力をします」

と。。院長先生のお言葉。。


2012年1月16日


手術する事に決断しました。


今でも、この決断が正しいのか・・・
このまま、時を過ごしたほうがいいのか・・・


わかりません。。


ただ。。さんちゃんと


共に生きて生きていたいんです。。





肺高血圧症・・フィラリアが原因です。予防薬さえ飲んでいれば。。
乳腺腫瘍・・・早期に避妊していれば。。


さんちゃんを捨てた人はいったい命をなんだと思っているのでしょう



皆さんの周りに、予防できる事をしていない方がいるなら
発症した時。。

我が子をどれほど苦しませる事になるか

今一度、考えてくれませんか?




お話してみてください。。。。


あと一日。。


私に出来ることは。。

抱きしめて。。

術後に食べてもらうご飯を作ることだけです。。


目が覚めたらぜったい、食べてね。。さんちゃん

imagesann.gif


書くか書かないか。。迷ったんですが
フィラリアなどの予防がどれ程大切か

お伝えしたかったので。。


仁さんのお話でなくて。。

ごめんなさい。。
2012.01.11 / Top↑
さんを我が家に迎える時、

一番考えた事はゆのが受け入れてくれるか?

ゆのが希望したわけでないもんね。。。


遊び相手も時々出会うお外のお友達で十分だし
お家ではまったり過ごしたいし~~

なのに突然。。

今日から家族よっ お願いねと紹介され。。。げげっ

と思ったはず。。。


でもその心配も出会って数時間後にはどこへやら


ず~~~っと前から一緒だったみたいに。。。

引き寄せられる2人(頭)

ゲージのなかでも。。
imageゆのさん5

ちょっとくらい狭くても。。
imageゆのさん7

お手をつなぎ。。
imageゆのさん4

ぬくもりを感じながら、
imageゆのさん2


頼り、
imageゆのさん3

頼られ。。
imageゆのさん6

いつまでも。。。
imageゆのさん1


ゆの・さん、いつも協力ありがとう。。。


にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュスプリンガースパニエルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ イングリッシュセターへ
にほんブログ村
2011.05.31 / Top↑