元保護犬サンちゃんとユノと預かりっ子のお話。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2ヶ月程、お休みしておりました預かりブログですが
緊急で預かりっ子がやって来ていますので再開ですっ

またまた応援よろしくです~~


小さな小さなボク
痛かったやろうに。。。



傷口の写真を載せています













保護当日、胸元の傷口が化膿してしまいガッポリ穴があいてしまった部分の傷の切除と洗浄と
縫合の緊急手術をしました。


放置しておくと、うじなどがわき壊死してしまう状態です。
獣医さんは、他犬に噛まれたのでは?といっていました

完全に縫合してしまうと、漿液が皮下に滞ってしまうため小さな傷の部分は
縫合せずに開けてあります。大きな傷とは皮下で繋がっています。

無事に手術を終えました。
(詳しくはチチさんブログで。。)

小さな体で頑張っているボク

ミニチュア・ピンシャー
推定6歳 

ほたる君です。


人のあたたかさを知っている子です。

突然の手術と痛く嫌な思いをさせてしまったので
今は、すこし警戒しているところもありますが

小心者の甘えん坊さんだと思います。

バリケンやケージが好きなようです。
自分から入ってくつろいでいます。

さんちゃんのバリケンなので、ほたるにはジャンボサイズですが…

ベットも大好きです。

しなくていいのに、ご飯の前にお座りをします。

我慢強い子です。

オシッコはまだ思い出してないようですが、おそらくシートでもできる子だと思います。

ドライフードもペロリと食べます。

生活音に慣れています。

食べ物をほしがっったり、ちょこちょこ動きまわりますが、
当然です。

撫でてあげると、ゴロリとお腹をみせてくれます。
短いシッポを一所懸命ふってくれます

少しワンワンとあと追いや甘えで鳴く時がありますが
改善されると思います。

おもちゃやボールは知らないようです。怖がって逃げちゃいます。

たった数日過ごしただけですが、どうしてこの子が施設に収容されなければいけないのか?
迷子だったとして。。なぜ迎えにこないのか?これない??

不思議でなりません。きっと普通の生活を送っていたんであろう思います。。

今まだ施設の中にいる子たちも
一緒に過ごすことができないほどの問題のある子はいないでしょう

大きな瞳が何か言いたげです。。。

ほたるの家族にはなってあげれないけど
早く傷が治るようにがんばるからねっ





ペットショップに行く前に、様々な場所で家族を探している犬たちに
目をむけてくださいませんか。。。

image.jpg


リ・スタートさんで犬の保護活動のお手伝いをしています。

帰る場所のない犬たちに、安心して寝むれる場所が見つかりますように。。


    restart_bana.gif


リ・スタートで新しい家族をまっている子たちです。

どの子も魅力的な部分をたくさん持った子達です。。
預かり先の様子など個々のブログにてお伝えしていますので
よろしくお願いいたします。

画像をクリックすると預りさんブログがご覧になれます。

fc2blog_20140416114447719.jpg fc2blog_201404161144581f5.jpg fc2blog_20140416135249984.jpg









2014.06.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://warauinuwaii.blog71.fc2.com/tb.php/572-191589a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。