元保護犬サンちゃんとユノと預かりっ子のお話。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
我が家のさんの、昨年の1月に、心疾患を抱えての乳腺腫瘍と脂肪種2個の摘出手術を
して、一年が経ちました。

本日は、関西ハート医療センターにての定期健診。。

4月には、フィラリアも陰転し、今年は失神することもなく
元気に過ごすことができました。

感激や!!

失神している姿を、何回か目の当たりにすると
私も、子供たちも。。

いつも元気に出迎えてくれるのに、こなかったりすると
ぐっすり寝ていてるだけなのに。。。

心臓止まってるんちゃうか!!!??

唇をめくりチアノーゼがないか。。呼吸はあるか。。
と確認するのが癖になりました。

子供たちも、ちょっと動かなかったりすると
さんちゃんなんかおかしいで、と連絡してくるように
なって。。

携帯酸素は常時用意。。

心臓の動きが弱まると、酸欠になるので
もちろん毎日、出かける前にも、チアノーゼのチェックは欠かせません。

今年は、聴診器も購入し心音もチェックしようと
今回の受診で先生に正しいチェック方を教えていただこうと思っています。

仕事や用事で、家を空けることが多く
観察することで、できるだけ早く、症状の変化にきずくことができればと
思っています。

今日の検診もOKだといいなぁ~

シニアだし、目も見えにくくなりつつあるさんちゃん


今回の預かりは大丈夫やろ~~と
毎回、自分で勝手にいい様に解釈して進んでいますが。。

急に心拍の上がるように事は、良くないですよ~~と言われてるし・・
心臓がついていけないからね。

いつかは。。
さんの事も考え、預かりっ子もお休みしなくては。。


と思いつつ。。

また、今回はまだ大丈夫やろ~~と

思っているのでした。。

いや。。思いたいんかな


さあ、さんちゃんいこか

ゆの留守番お願いね

imageさん2
2013.02.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://warauinuwaii.blog71.fc2.com/tb.php/347-cb5ec334
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。