元保護犬サンちゃんとユノと預かりっ子のお話。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
先日、3年半の生涯を終え、我が家の次女(Nちゃん)の可愛がっていたハムスター(ジャンジャン)が

虹の橋を渡りました。
imageハム


Nちゃんは、ハムスターと出会って今まで4匹を見送りました。

いつ飽きてしまうのか。。。

そのうち自分が面倒を見ることを覚悟して
はじめは、飼う事を許しました。

ところが、頭数を経て経験したことを生かし、
Nちゃんは、ハムスターを本当上手に育てます。

私がえさや世話をしていいのは、Nちゃんが林間学校など
学校の行事などで、家を空けるときだけで・・・

あとは、すべてNちゃんが管理します。


そんな、Nちゃんが言いました。


「Nは、ハムスターの里親になる!」

「ペットショップの子は、誰かにかってもらえるんやろ」

「おうちのない子の里親になる!」

おおおお~~~~

わが子ながら、なんとキラキラお目目なの~~

すばらし~~い思いつき!


保護犬たちが教えてくれる命の大切さ、生態販売への疑問、


預かりっ子を通して、大切なことを学んでくれてるんだなぁ~~と

感じました。


そこで!


彼女の想いを無駄にせぬよう、ハムスターの里子ちゃん探しをはじめました。

ゴールデンハムスターがいいらしく

これから、ご縁がある子があれば、ぜひ迎えたいと思います。


何件か、お伺いしてみたのですが、ご縁がなく

だだ今、すがちゃん家


ゴールデンハムスターの里子募集中です。

それにしても、小動物の里親募集も結構あるんですね。。

人もワンコも他の動物たちも、

命の重さ、それに対する責任は同じだと思うのですが。。。



小さな小さな命が、大きな幸せに包まれますように。。


2012.11.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://warauinuwaii.blog71.fc2.com/tb.php/309-023e8474
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。