元保護犬サンちゃんとユノと預かりっ子のお話。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
夕焼けがきれいな日でした。
子供たちとお散歩にでかけました。


子供と犬がじゃれあう風景は、いいのもです。
imageなぎ22

次女が1歳半の時、信号ですれ違った子供よりはるかに大きな犬に顔を噛まれました。。

全治3ヶ月 今でも傷が残っています。


あまりにも突然の出来事でした。


その後この子が、犬に恐怖心をもたないように、気遣いながら育てました。
imageなぎ21


ついつい犬を擬人化してしまいがちになりますが、

私は、つねに子供たちに、犬は犬であり、人とは違う生き物
と教えてきました。

自分とは違う生き物だから、犬の動きもっとよく知るように、よく観察するようにと。。

長女は、13歳
次女は、10歳、長男は8歳になりました。


我が家の子たちは、犬を犬として見てくれています。


共に暮らす事により、自然に学んでくれたんだと思います。



そして、なぎもまた、子供たちにも優しく接することが出来る子です。
imageなぎ23


なぎのような、おおらかな子と共に育つ事ができれば
imageなぎ25

ギスギスした今の世の中に生きる子供たちにとって、
imageなぎ24




素晴らしい経験になるのではと。。。


imageなぎ20


感じた日でした。。。







2012.05.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://warauinuwaii.blog71.fc2.com/tb.php/236-bc77117b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。