元保護犬サンちゃんとユノと預かりっ子のお話。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
5年前の今日

さんちゃんの里親になりました。

ゆのが落ち着き

2頭目の子を迎えようと探していました。

セッターを迎えたいと決めていましたので
何気にネットでEセッターを検索しました。



よくよく見ると

Eセッター里親募集中の見出し

なぬ??


う~~~~わ

衝撃でした

実猟に使われ猟期が終わり、使い捨ての道具のように
山においていかれるたくさんの
セッターが里親をさがしていること始めてを知りました。

当時、4.6、9歳の3人の子育てと
ゆののお世話にと、何かと忙しく

スマホもなかったし
ネットをゆっくり座って見る時間もなく

里親??という制度があることも
正しく理解できていなかったと思います。


ですが、その日以来

絶対この子たちの里親になろうと
里親募集のセッターいろいろ探しました。

そして、さんちゃんの写真をみた瞬間

この子や!!!!!!!!!!

と思いすぐにお問い合わせをさせていただきました。

私に迎えに来てって言ってる!!!!
めっちゃ勝手な思い込み完全にしました。

お話が進み

家に来る事が決まった日から

指折り数えた2週間

ゆのとお揃いの名前入のチョーカー2本に迷子札
リードにフード。。。。

思い出の品です。





ゆのと仲良くできるか

うちの家に馴染んでくれるか

うちでこの子は良かったんやろうか


ワクワク待ち遠しい気持ちと。。
少しの不安で。。。いつなくドキドキしたことを覚えています。



もうすぐ着きますと連絡をいただき

まだかなまだかなと。。出たり入ったり、

車がつき

バリケンから出てきたさんちゃんは

一目散に私の元に走りより
抱きついてきてくれました。

始めて会った気がしませんでした。

説明を聞き

もちろん心は決まっていたので

その日

譲渡の手続きをしていただきました。

さんちゃんはうちの子に

私たち家族は、里親になりました。
2010_0410_132809.jpg


さんちゃんは、センターからシェルターで保護でしたので
お家の中の生活は始めての経験です。

オシッコもウンチもやり放題~~

食べ物は、盗み食い

新聞・シートを撒き散らし

子供の手からパンをパクっ

右往左往と動き回り

半端のない落ち着きのなさ

何も知らないんですから、当たり前の事です。
さんが悪いわけでも、馬鹿なわけでもありません。


普通のお家のルールを覚えるまでに、
半年はかかりました。

散歩も知らんし、鳩を見つけてはセット

呼び戻しに2年もかかりました。


また、一人っ子で、特に犬が好きでもないゆのにとって
さんちゃんの存在は、迷惑以外の何者でありません。


ゆのも、すぐにはさんを受け入れることは
できないようで、トラブルももちろんありました。

でも、家族になりたいなら、乗り越えなければ。。



あっと言う間に月日が過ぎました。。

さんを迎えて5年

さんと過ごす毎日は、
本当に幸せです。

あの日の決断は、間違ってなかったと
自信をもって言えます。



たった1枚の写真の出会い。。


現在


預りボランティアのお手伝いをしていますが

保護された一頭一頭が、
新しい家族と出会うこと。

本当に奇跡の出会いなんだと思います。


年間数十万頭の殺処分が常の日本の社会で

その中のほんの数頭が
生きるチャンスをもらい


新しい家族に出会う。。


犬が家を選んだわけではなく

あなたが犬を選んだんですから



ブリーダーからの子でも、ペットショップからの子でも
保護犬からの子でも。。

犬と暮らす始まりは、どんなきっかけでも
一度きりの出会いを大切にし


この子と思って迎えた子が


お家に馴染むまで


ゆっくり、待ってあげて欲しいと願います。

犬たちも不安と、とまどいでいっぱいだと思います。

突然連れて来られ、ここのおうちの子になるねんで
って言われても。。。


OKよ


なんて理解出来る子は、ほとんどいないことと思います。

いろんな失敗と

楽しい出来事を繰り返し

時間をかけて家族になっていくのだと思います。。


雑種であろうが純犬種であろうが
すべてが違う個体でオンリーワンです。


性格も違えば、同一犬種であっても容姿も違います。

すぐに、迎えた子とうまく関係がいかなくても

お家のルールがおぼられなくても

噛んでも。。

ないても。。

先住犬との折り合いがつきにくくても。。

ゆっくり、焦らず。。

ねっ



きっと、目の前にいる子とは

奇跡の出会いなんですから。。。




そして。。



もし



一緒に暮らす事ができなくなったから。。。といって



どうか。。いのちを捨てないでください。。。









2月14日

私たち家族にとって

奇跡の出会いの日。


願いが叶うなら。。


寒い寒い施設の中で、震える子

保護され、いろんな場所で出会いを待つ子

少しでも、たくさん子に出会いがありますように。。。

そして、大生にも

奇跡の出会いがありますように。。。。




特別なプレゼントも、ケーキもないですが
目の前にいる、我が子さんとゆのをただギュギュッと抱きしめたいと思います。







少しでもたくさんの方に、大生をはじめ保護犬たちの事を
知っていただきたい為、ブログランキングに参加したいと思います。

お手数ですが、バナーをぽちっとしていただき
ご協力していただけますようよろしくお願いいたします

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村



大生・つくし・めぐ・MOMO
活動のお手伝いをしているリ・スタートの和雑種たちです。

たいちゃんは、13歳のシニアですが、つくしもめぐもまだ1歳!!
MOMOも落ち着きのある9歳、それぞれ個性的で魅力あふれる子たちです。

一日でもはやく、本当の家族と新しい一歩を踏み出して欲しいと願っています。

下記4頭はリ・スタートの保護犬です。
詳しくは、リ・スタートのホームページをご覧くださいますようお願いいたします。

    bana2.gif

素敵な出会いがありますように。。。


めぐ 一歳 女の子(避妊済み)  
預かりブログはこちらから → 2号館
めぐ


つくし 1歳 女の子(避妊済み)
預かりブログはこちらから → ツナグ
つくし


MoMo  9歳 女の子(避妊済み)
momoko0.jpg



大生(たいちゃん) 13歳 男の子(未去勢)
ご連絡おまちしておりま~す
TAI.jpg
スポンサーサイト
2014.02.14 / Top↑
推定11歳。。

目は見えにくくなっても。。

おばあちゃんになっても。。


さんちゃんは、鳥猟犬セッター


毎朝の日課は、鳩とのにらめっこ
imageさん8


まぁ~~~毎日飽きもせず


そんなに、見つめれますな


と言うほど、見つめます。見つめます。。


5分って長いですよ。。

ジリジリ距離をつめ・・
やっと鳩さん気づいてくれました・・こうなります。。
[広告] VPS

でも

その真剣さと本能と美しさ・・


そして、どんな時よりも、楽しそう・・
imageさん9


この緊張感と運動って

心臓によくないんちゃうかと
思いながらも・・

彼女からこれは奪えません。。
imageさん10

やる気スイッチ入りやすい子は、
やりがいありますよ。

トリが目に入ると信号の真ん中で赤信号になっても・・
ピタっ・・・・

動かないさんちゃんを抱っこで信号わたったことも・・

先住犬のセッターマリちゃんは、トリを追いかけ
噴水や池に、何度突っ込んだ事か・・

繰り返し、教えることで
道では、ハトさんを見てみぬふりする事も

噴水にダイブする前に、戻ってくることも
できるようになります。

呼び戻しも大切です。


さんの場合・・

寄り道なしで帰ってくるまで、2年かかりました・・
(預かりっ子のほうが、どの子もかなり優秀です(汗))

焦らず・・怒らず・・楽しんで・・

呼ばれてチェっと不満な顔でなく、
笑顔で、足元まで戻って来れるように。。

千葉のガンドッグトレーナーの山本先生からの
アドバイスです。

セッターって面白い犬なんですよ。


うちの中では、甘えん坊のべた子ちゃん
いつも足元で待機。。超ストーカーやし。。

あのかっこいいさんちゃんはどこへ・・・ってな感じです。


以前、セッターを迎えたい方とお話す機会がありました。
どうか性質をよく理解してくださいと説明しました。

たくさんのセッターの保護犬がおりますが
かわいそうやかわいいだけでは、無理かもです。

毎日運動って面倒だなぁ~~と思われる方には、
かなり不向きな犬種かと思われますので


チチさんのブログにもありましたように、自分の生活や環境を
よく考えた上で、迎えてやってほしい犬種であります。


次は、スプリンガーってすごいよ~~
って、わが子自慢の痛い飼い主になろう!
2013.04.13 / Top↑
元保護犬のさんですが、フィラリア陽性から3年。。

昨年念願のフィラリア陰性になり

今年も検査の時期がやって来ました。

もちろん陰性!!!


こんなに嬉しいことはありませんよ~~ホントっ


本来なら陰性が当たり前のことですが

飼い主の自覚のなさが可愛いわが子を死に追いやることに
なります・・・


フィラリア症を軽く考えてはいけません。

うちの子は、家の中だから大丈夫とか

思っていませんか?

マンションの最上階だし~~~とか


都会にも、ミクロフィラリアをもった蚊や
また、キャリアの犬はたくさんいますよ。

自覚のない飼い主が、陽性にもかかわらす
薬を飲ますこともなく、平気な顔で飼われている場合もありますし

都会の路上生活者の相棒の子も
キャリアの場合があります。

犬には何の罪もありません。

どうか、軽く考えず
わが子を死に追いやるフィラリアから
守ってやってください。

たった1錠お薬を飲ますだけですから・・


かかってしまうと陰性になっても
さんのように、循環器に後遺症を残す場合もあります。


さあ~~みなさん

大切な相棒と

病院にGO!GO!

imageさん11


ノミダニ対策もねっ!
2013.04.11 / Top↑
我が家のさんの、昨年の1月に、心疾患を抱えての乳腺腫瘍と脂肪種2個の摘出手術を
して、一年が経ちました。

本日は、関西ハート医療センターにての定期健診。。

4月には、フィラリアも陰転し、今年は失神することもなく
元気に過ごすことができました。

感激や!!

失神している姿を、何回か目の当たりにすると
私も、子供たちも。。

いつも元気に出迎えてくれるのに、こなかったりすると
ぐっすり寝ていてるだけなのに。。。

心臓止まってるんちゃうか!!!??

唇をめくりチアノーゼがないか。。呼吸はあるか。。
と確認するのが癖になりました。

子供たちも、ちょっと動かなかったりすると
さんちゃんなんかおかしいで、と連絡してくるように
なって。。

携帯酸素は常時用意。。

心臓の動きが弱まると、酸欠になるので
もちろん毎日、出かける前にも、チアノーゼのチェックは欠かせません。

今年は、聴診器も購入し心音もチェックしようと
今回の受診で先生に正しいチェック方を教えていただこうと思っています。

仕事や用事で、家を空けることが多く
観察することで、できるだけ早く、症状の変化にきずくことができればと
思っています。

今日の検診もOKだといいなぁ~

シニアだし、目も見えにくくなりつつあるさんちゃん


今回の預かりは大丈夫やろ~~と
毎回、自分で勝手にいい様に解釈して進んでいますが。。

急に心拍の上がるように事は、良くないですよ~~と言われてるし・・
心臓がついていけないからね。

いつかは。。
さんの事も考え、預かりっ子もお休みしなくては。。


と思いつつ。。

また、今回はまだ大丈夫やろ~~と

思っているのでした。。

いや。。思いたいんかな


さあ、さんちゃんいこか

ゆの留守番お願いね

imageさん2
2013.02.01 / Top↑
さんちゃん

今年、一月に手術し悪いところをみんなとり除いたものの。。
持病の心疾患(僧帽弁逆流症・三尖弁逆流症・肺動脈弁逆流症・肺高血圧症)
は完治すことはない。。

が。。


前向きに病気ともうまくつきあっていくしかないわけで。。

幸い今年は、一度も失神することもなく
順調に過ごす事ができそうです。


毎日の薬。。

毎月定期検診も欠かす事はできないし
半年に一度は、手術をした関西ハート
医療センターで経過をみる。


だからといって、運動もせず慎重に慎重にと
縛りたくないし


可能な限り、走ること、探すこと、緑や風の匂いを満喫し
活き活きと過ごさせてやりたい。


最近では、歳のせいもあり、耳が聞こえずらくなってきたよ
うで、距離があきすぎると、呼んでも聞こえない、

私の位置が確認できず
ウロウロしてしまう事もある。

オーバーアクションで、ジャンプしながら
手をふる、やっと確認でき、満面の笑みで
帰って来る。
imageさん1


なんてかわい〜んだ

もう、視界が見づらい野山では、オフリード
はできないね…

寝起きの体の動きも、悪くなってきてるし

つまづく事も増えて来た。


歳を重ね、

更に、温和でほんわかさんちゃん
imageさん10

ゆのが大好きなさんちゃん
imageさん3
imageさん2

鳥猟犬の本能をわすれないさんちゃん
imageさん9

預かりっ子のお母さん役のさんちゃん
imageさん4
さん5

我慢すると前歯が見えちゃうさんちゃん

もっと我慢すると、歯を鳴らすさんちゃん

何よりも自然が大好きなさんちゃん
imageさん8

ストーカーさんちゃん

笑顔がにあうさんちゃん
imageさん6

もっと早く会いたかったさんちゃん




お母さんは、さんちゃんに出会えてハッピーだ

さんちゃんと共に生きることができて

誰よりも幸せ者だぁ〜




追伸

保護犬の中には、たとえばさんのように
今までの生活の代償に病気をかかえている子も多いかと
思います。

ですが、その病気も含めすべてがその子自身であると思います。

健康な子もいつ病になるかもしれません

でも、前向きに受け止め

病気だから、歳だから、耳が聞こえないからとあきらめず

どうか共に生きてみてください。

つらいことばかりではなく

きっと幸せな時間のほうが多いはずですから。。。




2012.11.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。